風呂掃除に他力を使う

Pocket

 苦手なこと 

私は、片づけは好き!

ですが、掃除は苦手です。

ピカピカ磨く掃除は、めんどうくさい。

でも、汚れをみつけるとモヤモヤする心理的負担・・・

お風呂の黒カビが気になり、「もっと風呂掃除習慣を身につけねば!」と自分を奮い立たせて、ターボプロなるお掃除グッズを1年前に8,789円払って衝動買いしたものの、2回ほど使っただけでお蔵入り・・・・。

自分が苦手なことを自分でやろう!と自分の気持ちを奮い立たせてやろうとすると苦しい・・・。

それならどうすれば良いのか?

「自分が苦手なことは自分でせずに、他力に任せる」

これが、心がラクになるために、そして自分の願望をラクに実現するために必要なことです。

他力とは、他の人の力、環境の力、そして自分のインナーパートナーさんの力。

(インナーパートナーさんの力については、追々書いていきます。)

苦手な掃除を他力に任せるために思いついたことは、ハウスキーピング。

お金を払って家事を行ってもらうことです。

けれど、なかなか一歩を踏み出せないでいたところ、「きっかけ」が目の前に現れました。

ある日、風呂の天井を見て、換気扇のあたりのネジを外せることに気づきました。

「開けたい・・・」

なぜか分からないけれど、どうしても開けたくなって恐いもの見たさで開けてみました。

すると、開いた蓋の裏は黒カビびっしりの物凄いことに!!!!!!

「これは、もうプロに任せなきゃ!」

私の心が動きました。

早速ネットで調べて問い合わせると、2日後に来てくれる約束が決まりました。

 初めてのハウスキーピング  

初めてのハウスキーピングでドキドキ。

来てくれたのはお電話でお話しした男性1人。

10時から12時前までの2時間弱の時間で、黒カビ部分の除去と消毒までキレイにして頂けました!

私ひとりでは、まず「風呂掃除をする気分」になるまでにどれだけの時間がかかったことか・・・。

それがプロの手に任せれば、2時間もかからずにキレイになったのです!

これは感動!!!!!

とても親切な方だったので、お風呂のキレイキープのために必要なことも教えて頂けました。

1.最後にお風呂に入った人が、45度以上のお湯で上の方の壁から流す

  これにより汚れの原因となる皮脂・石鹸かすを落とす&乾燥しやすくなるということです

2.入浴後は4時間の換気をかける&24時間換気

  窓を開けるのはNG。窓を開けるなら乾燥しているときのみ!

3.エタノール75%以上のスプレーを乾いた時にカビが発生しそうな部分に振って、マイクロファイバーのタオルで拭く

  カビ防止のために2週間に1回程度すると良いそうです

4.浴槽はアルカリ性の洗剤でこする

  洗い流すだけはオススメしない。皮脂は油分なので台所石鹸でもOKだそうです。

 他力に任せた結果 

こうしてハウスキーピングさんという他力に任せた結果、1カ月経っても我が家のお風呂はキレイをキープ!

せっかくこんなにキレイにして頂いたのに、また黒カビを生やすのは申し訳ない、という意識も働き、夫にもお風呂きれいキープルールを順守してもらいっています。

朝になると、多少残った水分はタオルで拭き上げるため、日中は乾燥した浴室。

お天気の良い日は出来るだけお風呂の蓋を日光浴させる、という徹底ぶりです。

お風呂掃除にかかった費用は、16,500円。

この投資で実質的にお風呂をキレイにして頂くだけでなく、私のお風呂キレイキープ力に火をつけて頂けたのだから、有難いことです。

自分が無理することなく、自然にお風呂キレイキープをする習慣が身につきましたとさ。

以上、

「自分が苦手なことは自分でせずに、他力に任せる」

自分の心がラクになるために効果を実感出来たハウスキーピングでした。

【 編集後記 】

実は、翌日には窓掃除までお願いしました(笑)

それはまた、別の話・・・・。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。