最近「ひらめき」とよく出会う

Pocket

 片づけが好きな理由を再発見!

最近、自分の生活や考え方に「ひらめき」という言葉が頻繁に出現するようになりました。

このブログでも

「「ひらめき」にとことん従ってみる」」

「壁面収納~ひらめきから実現するまで~」

「そのムダな思考はブレーキだ!」

など、「ひらめき」を使った記事がいつの間にか増えています。

私のブログには

~片づけ好き 福岡の女性税理士~

というサブタイトルを付けています。

ブログ開始時、熟慮することもなく「ひらめき」で付けたこのサブタイトル。

この「片づけ好き」の理由も「ひらめき」にあることを再発見しました。

最近、モイスチャーカーラー(スチームで髪の毛にカールを付けるカーラー)を購入したのですが、専用の収納ボックスは忙しい朝には使いにくそう・・・

そこで我が家の収納に大活躍の 透明A4ファイルボックス(セリアで購入)のことが「ひらめき」、中にに入れてみたところ、サイズがピッタリ!

カーラーやクリップはそれぞれに分けて収納したいな・・・と考えていたら、良さそうなサイズのケースとカゴが子どものおもちゃ箱の中に入っていることを「ひらめき」!

入れてみると、これもあつらえた様にサイズがピッタリ!

この「ひらめき」と「ピッタリ!」の感覚が、大好きなんです!

今更ながら、私が片づけ好きなのは、この「ひらめき」が実現する満足感が大きな理由のひとつであると実感したのでした。

 子どもにも「ひらめき」

私が「ひらめき」のことを良く考えるようになったせいか、4歳の次女が

「ひらめき!」という言葉を口にするようになりました!

4歳で「ひらめき」?と思っていたら、これは私の影響というよりテレビの影響のよう(笑)

NHK Eテレの「ノージーのひらめき工房」という番組です。

私が小さい頃、のっぽさんとゴンタ君が工作遊びをする番組がありましたが、あれの現代バージョンのような内容です。

「ひらめきー♪」という言葉が頻繁に出てきて、ノージー達が考えたアイデアから工作作品を作るのですが、子ども達はこの番組が大好き。

何か面白いことを思いつくと、「ひらめきー♪」と言ってます。

裏紙やチラシを使った工作作品が増える度、「?なんだこれ?」と思いますが、子ども達はとっても楽しそう。

大人になると、こういうことで楽しむことは出来なくなると考えれば貴重な時間ですね。

これが子ども時代の自由な発想、というのであれば、大事にしてあげたい、と思います。

(不思議な作品たちは頃合いを見計らって、片づけさせて頂いておりますが(笑))

 「ひらめき」は特別な人のものではない

ミュージシャンやアーティストの方々が作品を思いつくとき、お風呂に入ったりしてリラックスしているときにひらめく、という話はよく聞きます。

私も以前は、「ひらめき」というのは、特別な人に降りてくるものだと考えていました。

けれど、私が今考える「ひらめき」は、日常生活の中で「ふと、心に浮かんだこと」程度の小さなことばかり。

何にも意味のないことが「ふと、心に浮かぶ」ことはない、と思うのです。

そして、自分の「頭で考える」より、この「ふと、心に浮かぶ」「ひらめき」に従って行動する方が物事うまくいくな・・・ということを、最近よく感じます。

というより、その方が力が抜けて、ラクになるのです。

自分の頭で「出来ない理由」や「メリット・デメリット」を考え始めたら、頭は疲れてしまいます。

もしかしたら「ひらめき」に従う生き方は、子どもの頃の純粋な生き方に戻る、ということなのかもしれませんね。

頭を空っぽにして自分の心の声、「ひらめき」に耳を傾けてみませんか?

【 編集後記 】

今週は、毎日外出の予定が入っているので、身体も疲れるし今日の予定はキャンセルした方がいいかな?と「頭で考えて」しまったのですが、外出先で買いたい物が「ひらめき」、予定通りに出かけました。

結果、予想以上に充実した時間を過ごせ、「ひらめき」に従って良かったです!

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。