自宅開業だからできる休憩法

Pocket

 空を見上げてコーヒータイム

次女が幼稚園に入園後、実質的な自宅開業生活を始めて1カ月。

自分のタイムスケジュールも板についてきました。

そこで、今日は自宅開業だからこそできる休憩法を書いてみたいと思います。

次女を幼稚園に送り届けて9時からが私の時間なのですが、6時半から2時間半、子どもを学校や幼稚園に送り出すまでの家事でちょっと疲れが出ている時間でもあります。

勤務していた頃は通勤時間にカフェでリセットしていたので、慌てて仕事を始める必要もないなと考え、まずは自分のためにコーヒーを淹れて頂く時間を自分の朝のご褒美タイムとすることにしました。

それも、敢えて外に出て庭の椅子に座り、空を見上げて頂きます。

何も考えずにボーっとすることって、意識しないとなかなかできませんよね。

以前は、新聞やメールを見ながらコーヒータイムにしていたのですが、コーヒーはコーヒー、新聞は新聞で別々にした方が、ちゃんとコーヒーを味わえ、気持ちにゆとりができるよう。

ほんの10分程の時間ですが、今はこの至福タイムを楽しみに朝家事を頑張り、9時半からのお仕事タイムに気持ちを切り替えて臨んでいます。

 ボイストレーニング

9時半から午前中は一番集中できる時間。

ですが、お昼までぶっ通しで集中することは出来ませんので、途中でボイストレーニングタイムを休憩タイムとして取っています。

「ボイスレッスンを始めました」という記事を書いた通り、最近話し方を学ぶため、ボイスレッスンの教室に通い始めました。

レッスンは月2回、1時間行うのですが、これだけで身につくわけはないので、家で自主練習。

以前、笑顔筋トレーニングとして顔の表情筋を動かすトレーニングを続けていた時期があったのですが、使わないと固まって動かない筋肉も、毎日トレーニングとして動かすことで自分の思い通りに動くようになることは体験済み。

今回も、今まで意識して使っていなかった唇や喉、腹筋を毎日使うことで鍛えようと考え、全身が映る鏡の前に立ち、肩、腕、首回しのストレッチから始めます。

デスクワークを続けていて固まった筋肉もほぐれて一石二鳥。

大きな声を出しても、家で1人であればちっとも恥ずかしくありません。

ほんの10分程ですが、自宅で1人だからこそできるボイスレッスンを続けています。

 午後20分の瞑想タイム

そして午後。

お昼ご飯の後は、お腹も満たされて最も気分が緩んでいる時間です。

勤務時代は所長が必ず午後の仮眠を取っていらっしゃったので、私も取りたいと思いつつ、人目のある職場でリラックスして休むことなどできません。

今は家で一人なので心置きなく瞑想タイムに集中。

アイマスクをしてキッチンタイマーを20分に合わせ、しっかりとリラックスしています。

ポイントは20分以上は休まないこと。

いくら一人でも、お昼寝になってしまうと却って生活リズムが崩れて良くありませんからね。

「昼20分の仮眠は夜3時間の睡眠時間に匹敵する」ということを知り、習慣にした午後20分の瞑想タイム。

これでリフレッシュして午後の時間も集中できます。

以上、自宅開業だからこそできる休憩法。

1人だからこそON・OFFの切替は大事です。

開業を目指していらっしゃる方の参考にでもなれば・・・

【 編集後記 】

ちなみにナッツが集中力キープに役立つと知り、午前10時と午後3時にナッツタイムも取っています。

25粒ほど、手のひら一杯分はココット(小)程度を2回に分けて頂きます。

これのおかげか、おやつに甘いものを食べる量が激減したので、ダイエット効果も期待できるかも?

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。