加湿器故障?迅速対応に感謝!

Pocket

 子供が溶連菌感染症に・・・

先週、ウイルス性胃腸炎で学校を休んだ長女が再度発熱して病院へ。

今度は、溶連菌感染症でした。

溶連菌感染症とは、溶血性連鎖球菌(溶連菌)という細菌がのどに感染して起こる病気です。

症状は、のどの痛み、発熱が主なものですが、体に発疹が出たり、舌がぶつぶつになったりします。乳児期から成人まで罹りますが、特に幼児期、学童期に多くみられます。

3月にも私、長女、次女の3人共 溶連菌にかかり、今回は、長女の同じクラスの近くの席のお友達が合わせて3人もかかっているということなので、感染力の強い病気なのですね。

きちんと治療しないと腎炎やリウマチ熱という病気になることがあるので、抗生物質を10日程連続して服用する必要があります。

くすりを飲み終わってから約2週間後に尿検査をして、腎炎の有無を確認する必要があり、長女のクラスのお友達の一人は入院されたと聞いたので、きちんと治療しないと怖いですね。

 やっと出した加湿器の電源が入らない!

子供が病気になって学校を休み、部屋を暖かくしておかねばと思ったとき、加湿器を出していないことに気づきました。

やっと出した加湿器。

しかし、電源ボタンを押しても「ピーピーピー」と鳴るだけで電源が入りません。

まさか故障⁉

2014年に購入して、確かに標準使用期間の3年は経過していますが、納得いかず、取扱説明書を見るも、対処方法はありません。

結局、メールで問い合わせしてみました。

 問い合わせメール対応に感謝

朝の7時に問い合わせて、昼12時に回答メールを頂きました。

丁寧な回答で、

「電源コードをつないだまま、本体を逆さまにし、軽く振ってください。

カチャカチャと音が鳴りましたら、逆さまの状態で、電源をONにし、ピーピー音がしなければ、改善されております。」とのこと。(聞かなければ絶対に分からない方法ですね!)

早速、指示のとおりにやってみると、ちゃんと電源が入りました!

壊れたかと思い、買いなおしも考えていたので、ほっ。

迅速な対応、的確な回答を頂けるというのは、嬉しいものですね。

「美しい」対応だと思います。

これから仕事を行っていくうえでも、見習ってお客様に対応していこう!と改めて感じた出来事でした。

【 編集後記 】

実は私ものどが痛くて、長女と一緒に病院で溶連菌検査してもらいました。

結果、陰性。とはいえ、大事を取って、昨日は10時に就寝。

おかげで、今日はのどの痛みも消え、快調です!

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。