子どもの夏休み計画表は週単位で

Pocket

 台風による休校の意味は?

昨日は台風により小学校・幼稚園共に休校でした。

平日に子どもたちがいる生活。

仕事をしている身には、ちょっと辛い・・・

遊びに夢中になっている隙に、2階の仕事部屋に行こうものなら

「ママ、何やってるの?早く降りてきて!」

3歳の次女からの催促。

子どもが家にいるのに、仕事に集中するのは罪悪感のような気持ちも生まれます。

平日に1人で家で仕事出来ることはなんて幸せなんだ!と再確認しつつ、

今日は、昼間の仕事は諦めようと決めました。

気持ちを切り替え、

この休校の意味は何だろう?

そういえば、もうすぐ夏休み。

せっかく時間があるのだから、夏休みの計画表を書こう!と思いつきました。

 なければ、作ろう!

去年は長女が小学校1年生の初めての夏休みでした。

夏休みに入ってすぐに、マクドナルドでもらった夏休みのカレンダーが週単位で使いやすかったことを思い出し、早速、ネットで、週単位カレンダーのテンプレートを探すも、イメージ通りのカレンダーがみつかりません。

私がイメージする週単位カレンダーのポイントは

① 1週間でA4用紙1枚

② 1日を午前と午後の2つに区分

③ 行動予定 + 勉強予定も書ける

④ 字を書く欄が大きい       ということ。

「③字を書く欄が大きい」というのは、小学2年生の長女の書く字は、まだまだ幼く、小さく書くことができないから。(特に漢字が大きくなる傾向あり)

なければ、自分で作ろう!と思い、早速エクセルで週単位カレンダーを作成。

月曜から日曜まで5週分・5枚を作りました。

 タスク管理は大人も子どもも同じ

出来上がった週単位カレンダーを長女に渡すと、喜んで早速確定している予定を書き込みました。

習い事の予定、お泊りの予定など午前、午後に分けて書いていきます。

外出予定部分にはピンクマーカー。

こうすることで、空いている時間帯が一目瞭然。

・午後から習い事がある日は、午前中に宿題を済ませた方がいいと分かる。

・1日用事がない日は、絵を書くなど時間がかかりそうな宿題をする日とする。

など、宿題計画が立てやすくなります。

ルーティンの宿題は付箋に書いて貼るようにすれば、翌週以降も使えて便利。

(去年、使いやすかったので)

こう考えると、タスク管理は大人も子どもも同じですね。

使える時間を「目で見える化」して、そこに仕事(宿題)を入れていく・・・

あとは、実行あるのみ!です。

限りある大切な時間。

子どもにも小さいうちから時間管理の大切さを伝えていきたいですね。

【 編集後記 】

計画表に書く夏休みの計画を全く考えていなかったことに気づきました!

海に、遊園地に、科学館に・・・

週末は家族会議が必要です。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。