子どもがいるからこそ出来ること・出来ないこと

Pocket

子どもが小さい内は、子どもがいるから出来ないこと、制限されることもあります。

その一方で、子どもがいるからこそ出来ることもあるよな・・・と思い、まとめてみることにしました。

 子どもがいるからこそ出来ること

全て「私の場合は」ですが、子どもがいるからこそ出来ることは次のとおりです。

1 時間の有効活用

2 家事

3 独立開業

1つ目の「時間の有効活用」

これは、子どもが産まれる前の自分と比べて感じることです。

独身時代、そして結婚後も休日の朝は平日の仕事の疲れを取る名目でダラダラ朝寝をすることが殆どでした。

それが子どもが産まれてからは、休日であっても5時~7時の間には起きるように!

私だけではなくママ友も同じようで、今では昼前まで寝るなんて考えられなくなりました。

特に気合を入れているわけではないので、休日でも早起きして時間をたっぷり使えるのは時間の有効活用と言えます。

また、子どもの「早寝・早起き・早めの夕飯」生活が私にとっても当たり前になり、

5時半お風呂、6時台に夕飯、9時には就寝、という身体にも良い健康生活が身につきました。

(勤務時代、仕事の定時時刻の6時から「さて、もうひと踏ん張り!」と残業が当たり前だった日々が信じられません(笑))

独身時代のように、すべて私の時間を自由に使ってよい状況は一見幸せかもしれませんが、

私の場合、自由過ぎると「いつでもできる」と思う故、ダラダラとムダな時間が増えるだけで、時間を有効活用できてなかったなと思います。

(そのことが自分でも分かっていたので、今ほど充実感を感じられませんでした。)

そう考えると、子どもがいるから「制限時間がある」ことは時間を有効に使おうとする集中力につながり、「ひとりになれる時間」を貴重だと思える充実感と感謝の気持ちにつながります。

2つ目の「家事」

私の場合子どもが産まれてから初めて本気でやり始めました。(威張れることではないですが・・・)

結婚当初は、残業して帰ってくる私より主人の方が絶対に遅い帰宅だったため、二人分の食事であれば、まあ なんとかなったり・・・(たまには2人でご飯を食べて帰ることも)

それが子どもが産まれてからは離乳食から始まり、食事・掃除・洗濯をやらないわけにはいきません。

「子どものためなら苦手な家事でもできる」

と考えれば、子どもがいるからこそ出来る家事だなと思います。

3つ目の「独立開業」

次女が産まれなかったら、私は独立しようとは思わなかったです。

勤務していた税理士事務所でずっと働いていたかもしれません。

(いつか・・・と夢見つつも、開業する自信がありませんでしたから。)

それが、長女出産後の職場復帰で仕事を抱えながら子どもを育てることの大変さを感じ、次女出産後に再度職場復帰することを躊躇しました。

そして、「子どもの為に自由に時間が使える働き方」がしたいと思いました。

今、税理士として独立開業し、ひとり税理士として働けているのは子どもたちのおかげです。

 子どもがいるから出来ないこと

対して、子どもがいるから出来ないことは次のとおり。

1 子どもが家にいる時間の仕事

2 夜のおでかけ

1つ目の「子どもが家にいる時間の仕事」

これは、いくらやる気があっても、幼い子どもが家にいる状況では、家での仕事は厳しいな・・・と感じます。

土日祝日、夏休みなどの長期休暇中は

「仕事をしたい、でも、思うようにできない!」ことはやはりストレスでした。

せめて本でも読もうかと本を開くと

「ママー、絵本読んで!」とお願いにくる次女・・・

夏休みが終わって、心底ほっとしています(笑)

2つ目の「夜のおでかけ」

私が夜の飲み会などのお誘いを受けたいと思う場合は、まず、主人か私の両親に子どもたちのことを頼む必要がありますので、頻繁には出かけられません。

もう少し子どもが大きくなるまでは・・・と考えています。

 まとめ

開業して自宅で仕事するようになり、やりたいこと、勉強したいことは尽きません。

そんな時、子どもの世話がなければもっと出来るのでは?と胸によぎることもありますが、逆に子どもがいるからこそ、私は「今の私」でいられるのかもしれないなと、今回この記事を書いて思えました。

子どもは日々成長していくもの。

今の状態はずっとは続きません。

立ち止まって、子どもと向き合う時間を持つことも 仕事と同様に今の私には必要なことなのかなと思います。

「税理士」という資格のある仕事は、家での独立開業が可能であり、子どものいる女性にとっては働きやすい仕事だと思います。

また、家で働く母親の姿を見せることは、子どもの感じ方や将来についても良い影響があるのではないかと考えます。

今、税理士受験をする人の数が減少していると聞きますが、人生100年時代を生きる現代であれば、子どもが産まれた後の人生も「自分らしく働く」ために、税理士という資格は強い武器になるのではないでしょうか?

税理士を目指す女性が増えてくれることを祈ります。

【 編集後記 】

写真は長女がチャレンジタッチのハトさんメールという親子間でできるメールで書いてくれた絵です。

普段は意識しませんが、子どもがいるからこそもらえる喜びや感動も数知れませんね。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。