子供の発熱、何度なら学校を休ませる?

Pocket

 朝の判断 迷います

またもや長女が発熱。

前日夜から37.2度あり、自ら体温計で計っていたので自覚症状はあったのでしょう。

今朝も37.2度。微熱?

見た目は元気。

「きつい?」と聞くと、「よく分からない」

朝の忙しい時間での学校を休ませるかどうかの判断。

正直迷います。

時間割を見ると、今日は体育がある。

翌日はお楽しみ会があり、給食にはずっと楽しみにしていたケーキが出る。

悪化して、翌日欠席するのはかわいそうだし、平熱35度台のこともある長女だから、やはり37度を超えたらきついよね・・・

短い時間に色々逡巡して、結局休ませることに決めました。

実は私も朝から喉が痛かったので、長女と一緒に病院で診てもらいました。

2人一緒にインフルエンザ検査。

結果は2人とも陰性だったので、まずは一安心。

(まだ発症していないだけかもしれないのですが)

帰りにお腹が空いたというのでフレンドパンへパンを買いに。

こちらのパン屋さんは子供達を産んだ産婦人科の近くにあるため、妊婦の時から顔なじみです。

子供が産まれてからはベビーカーで行ったり、子供たちの成長を見守って頂いています。

勝手知ったるパン屋さんで長女はお決まりのウサギパン、パンダパン、ゾウパンとチーズパン等をポンポンっとトレーに入れて、家に帰ると全て完食!

この食欲を見ると、インフルエンザではなさそうです。

 ネットで調べてみる

休ませることに決めてから、発熱時の学校を休ませる判断というのはあるのかしら?と思いネットで調べてみました。

37度超えていても本人が元気なら行かせるという意見もあれば、37度を超えたら休ませる意見もあり。

また、学年が上がると強くなって、家で寝ているより学校に行きたいと子供自身が決めるとか。

その中で私が納得した結論はこちら。

・ 平熱より1度以上高い場合

・ インフルエンザなどが流行している時期

・ 明らかに腹痛や気分が悪そうな場合

は学校を休ませるというもの。

今回の長女は平熱(35.8~36.2度)より1度以上高く、インフルエンザも懸念される12月の時期であるから、休ませて正解だったなと納得したのでした。

 子供の熱の不思議

今回私が悩んだ理由は、つい二日前、次女が謎の発熱をしたからです。

午前3時ごろ、荒い息遣いが聞こえると思ったら、次女がハァハァ言いながら苦しそう。

熱を計ると37.8度。

翌日は幼稚園のクリスマス会もあるのに、なんてこった!と思っていたところ、その日は37.0度をキープしていたのに、クリスマス会当日はケロッとして、平熱に戻っておりました。

クリスマス会を楽しみにするあまりの知恵熱か?

こういうこと、たまにありますよね。何かイベント事がある前後の夜だけ発熱すること・・・

子供の熱の不思議です。

長女もお楽しみ会を楽しみにするあまりの知恵熱だったのかもしれませんね(笑)

【 編集後記 】

学校を休ませた翌日は36度まで熱が下がっていたので、長女は元気に学校へ行きました。

明日は終業式、冬休みのイベントも色々あるのだから、私も早く完治させなければ!

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。