こどもの日に思ったこと

Pocket

 1年前の日記

5年日記をつけています。

今年は2年目なのですが、1年前の同じ日に何をしたかを見れるため面白いです。

去年のこどもの日には昨年末に閉園してしまったスペースワールドへ遊びに行っていました。

長女は新1年生、次女はイヤイヤ期真っ盛りの2歳児。

私は自宅開業を考えつつも何も行動に移せず、育児にかかりっきりの日々。

1年前のこどもの日の夜は、添い寝で寝てしまい、12時半に起きてお風呂と洗濯をしたと書いてありました。

どうやら去年の夜は2歳児の次女に振り回されていた日々だったようで、連日「なかなか寝ない」「また添い寝で寝てしまった」ばかり。

あのまま何も考えず変わらずにいたら、今のように楽しくはなかったなと思いました。

 今年の成長

今年のこどもに日には近くの遊園地に行ってきました。

去年は次女がまだ乗り物に乗れないこともあり、主人と長女、私と次女に別れて行動することが多かったのですが、今年は次女も一緒に3人で乗り物に乗れるようになった分、子どもたちは楽しめたようです。(私は怖い乗り物パスですので)

去年はお昼は外で調達したのに比べ、今年はお弁当も持参。

外で食べると特に何か食べたいわけでもないのにお金はかかる、味が濃いせいか子供たちは帰宅後「お茶、お茶」言い出します。

たとえおにぎりと卵焼きだけであっても、家のご飯の方がいいなと思うようになりました。

「弁当なんて面倒くさい!」と言っていた1年前の私に比べて、これは大きな成長です。

そして、その日の夜は9時半には子供たちと一緒に布団へ。

おかげさまで次女もイヤイヤ期からは脱し、長女もだいぶしっかりしてきたので、去年のようなストレスがないのは、嬉しいことです。

子供たちに合わせて、ではなく、自分の意志で9時台には寝るようになったのも成長ですね。

(というよりも、毎朝5時台に起きていると、9時過ぎに睡魔が襲ってくるのです。)

 工夫は楽しい

毎年恒例で、子どもの日には義母から子どもたちに宛てて小包が届きます。

子供服やお菓子、柏餅にイチゴや甘夏などの果物がたくさん。

いつも子供たちのことを気にかけ、可愛がっていただき、有難いです。

とはいえ、甘夏を剥くのは苦手な私。

買い物では極力買わないようにしているほどです。

せっかくたくさん送って頂いたのに・・・

そうだ!これを機にみかんの皮むきを得意にしてしまおう!

そして、「こどもの日 フルーツ盛り合わせ」を作ってしまおう!と思いつきました。

ちょうどその前のブログで「より良くする工夫を求めて考え、行動に移してそれが当たり前になっていく」ということを書いたばかりだったので、「工夫」という考えがひらめいたのだと思います。

「甘夏 切り方」でネット検索すると、目から鱗の方法がヒット!

https://cookpad.com/recipe/1116480

真ん中のへたの部分をV字にカットすることで、簡単に剥けます!

これなら、これからも楽しくみかんの皮むきできそうです。

ということで、作ったのが写真の「こどもの日 フルーツ盛り合わせ」です。

苦手も考え方次第。工夫は楽しいですね!

【 編集後記 】

やぁっと、ゴールデンウイークも終わりました。

今日からやっとスタートです。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。