今日はもうやめようか・・・と思った時の対処法

Pocket

遊園地に行ってきました

子供たちの要望で日曜日に近くの遊園地に行ってきました。

夜のイルミネーションを見るためにお昼を食べてから出発。

長女の目的はジェットコースター、次女の目的は観覧車とちょうちょの風船です。

前回遊園地に行ったときに、風船アートの男性が作ってくれたちょうちょの風船をとても気に入った子供たち。

「志」のお金をお渡しすることで、リクエストした風船アートを作ってくれます。

今回も見事な技で長女にはお花、次女にはちょうちょの風船を作って頂きました。

大満足な子供たちと夜のイルミネーションまで見て、夕飯は近所のお店で食べて帰宅したのですが、その日は冷え込みが厳しく、疲労感もひとしおです。

もう寝たい・・・

毎日夜勉強続けてきたけれど、体調が悪い時くらいしなくてもいいよね?

私の中の悪魔の声がささやきます。

対処法1 とりあえず寝る

きつい時はとりあえず寝ます。

身体の声を無視してはいけませんからね。

子供が産まれてから、子供に添い寝して自分も寝てしまっても、夜中に起きて家事の続きをすることが出来るようになりました。

なぜか、寝ても2~3時間すると必ず目が覚めるのです。

充電が完了したということでしょうか?

そのまま朝まで寝ることがないのは不思議です。

ただし、起き抜けの朦朧とした頭では、そのまま寝続けたい誘惑にかられます。

対処法2 自分の好きなことから

そんな時は、勉強以外でいいから自分の好きなことのために起きだします。

私はテレビドラマが好きです。

朝勉・夜勉生活を始めてからは、時間がないので見る時間は減りましたが、ビデオに撮って洗濯を干す・たたむ・アイロンをかける時間などにお楽しみタイムとして見ています。

今は『相棒』と『科捜研の女』だけビデオに入れています。

特に、沢口靖子さん演じるマリコさんの仕事に向かう徹底したプロ意識と、凛とした態度が好きで、刺激をもらっています。

「台所の片づけをしながら、ビデオを見よう!」という考えが浮かぶと、「勉強するために起きよう!」というより楽に起きだすことが出来ます。

一旦、起きて動き出したら、ついでにちょっと机に座ってみようという気持ちになるから、きっかけはどうあれ、最初の一歩が肝心だということですね。

【 編集後記 】

せっかく作ってもらったちょうちょの風船ですが、すぐに一部分が割れて、再度並んで作り直してもらいました。

帰宅途中にまた割れたんですけどね(苦笑)

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。