我が家のおもちゃ箱収納

Pocket

 小分類はチャック付きポリ袋に写真を貼って

育児専念専業主婦生活を始めてから片づけに目覚めました。

子どもの片づけの代表格は、ズバリ 「おもちゃ」です。

我が家のおもちゃの収納は全て「おうち」を決めています。

(リビングにある壁面収納は扉を閉めるとおもちゃが見えなくなるので、すっきり収納を目指す私にはぴったりです。)

まず、小分類はチャック付きポリ袋に写真を貼って。

長女が0歳の頃からベネッセのこどもちゃれんじを続けているので、教材のおもちゃ(エデュトイ)は毎月増えていました。

とても良くできた教材ですが、パーツが多いものもあり、一つずつチャック付きポリ袋に入れた方が分かりやすく、子どもも遊びたいおもちゃを袋ごと引っ張り出してくればいいので使い勝手がいいです。

そして、片づけ。

チャック付きポリ袋に写真を貼ることで、2~3歳児の子どもでも自分でお片づけできます。

遊びに来たお友達やママたちもすぐに中身が分かるので、一緒にお片づけできるのも良いですね。

 大分類はBOXに写真を貼って

大分類は100円ショップで買ってきた紙のBOXに写真とテプラで名前を貼っています。

この中に小分類のチャック付きポリ袋に入ったおもちゃをポンッポンッと放り込めばお片づけ完了!

6個のBOXを用意していますが、一つは「てづくり」という名前にしています。

子どもって自分で作ることが大好きですよね。

幼稚園で作ってきた作品だけでなく、折り込み広告で作った作品や私の本心では早く捨てたい・・・と思うものでも、このBOXの中だけはOK!ということにしています。

そして、収納棚のサイズ上、大BOXを二つ並べると隙間ができるので、その隙間部分に100円ショップ・セリアで買ってきた「STOCKER BOX A4」を入れると完璧!

ぬりえ一式や歴代のプリキュアグッズ一式もこちらに収まっています。

この収納ボックス、我が家のあらゆる収納に欠かせません!(おすすめです)

 完璧は求めず、都度見直し

もちろん、おもちゃの全てがここに収まっているわけではありません。

2軍選手はそれぞれチャック付きポリ袋に入れて、2階の家事部屋のクローゼットの中に納まっています。

というのも、おもちゃを減らしたいのは山々ですが、ベネッセの教材の中にはDVDがあり、3歳の次女はその、しまじろうのDVDを見るのが大好き!

DVDを見て突然、「あのおもちゃ、どこ?」と聞いてくるので、捨てるに捨てれないのです。

なので、せっかく7割収納を心がけても、いつのまにか2階から1階のリビングで遊ぶようになったおもちゃたちで大BOXが一杯になることもしばしば・・・

完璧は求めず、増え過ぎたらこっそり2階の部屋に移動し、長女の夏休み・冬休み等の長期休みに一緒に都度見直しをしています。

「おもちゃの片づけの目的は?」と聞かれたら、ずばり、「私のストレスを無くしたいから!」

片づけをルール化することで、子どもたち自身で片づけできるようになったことは嬉しいです。(もちろん、まだ幼いわが子、催促しても片づけないことの方が多いですが(苦笑))

そして、物にも「おうち」を作ることですっきり片づく、ということを子どもたちに知ってほしいと思います。

「片づけにもルールを作る」ということが、本日の私の美しい判断です。

【 編集後記 】

年末に体調を崩して大掃除が出来なかったので、1月に入って100円ショップでBOXを買ってきて新調しました。(前の分はかなりボロボロになっておりましたので)

6個購入して648円、これで気分がすっきりするなら、有難いですね。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。