入園前のおもちゃ収納改革

Pocket

 おもちゃの少なさに衝撃を受け決意!

子供の冬休みに見直しを行ったおもちゃ箱収納。

「我が家のおもちゃ箱収納」という記事を以前書かせて頂きました。

その時はそれでOK!と思っていたのですが、先日テレビで見たお宅のおもちゃと本の少なさに衝撃!

「おもちゃも本もこんなに少なくていいんだ・・・!」と目から鱗が落ちる気分。

ちょうど春休み中で、次女の幼稚園入園前の時期だったので、おもちゃの見直しをしようと決意。

今回のおもちゃ収納改革の目的はつぎの3つ

1 おもちゃの数を徹底的に減らす!

今までは一日中家にいる次女のためにおもちゃが必要だと思い込んでいましたが、幼稚園に通いだしたら家で遊ぶ時間も減るのでおもちゃを減らす絶好のチャンス!と考えました。

2 2階のおもちゃを無くし、おもちゃ収納場所を一カ所にまとめる!

今までは2階で遊ぶこともあるし・・・とおもちゃを1階と2階に分散させていたのですが、それでは容量把握ができないので、まず、収納場所をリビングの一カ所に決め、そこに入る分しか置かないようにしました。

3 絵本が増えてきたので減らす!

本が増えすぎて入れずらく、見るたびモヤモヤしていたので潔く減らしました。

赤ちゃん用のおもちゃや絵本は人に譲ることにし、45リットルのゴミ袋に2つ、おもちゃを処分することにしました。

 リカちゃん人形はVIP待遇で

ただし、最近よく遊んでいるリカちゃん人形はVIP待遇で収納場所を拡大。

というのも、お人形が他のおもちゃと同様に雑然と袋や箱に入れられる様子はどうにも忍びなく、靴や洋服が増えるたびにもっと ときめく収納はないものか?と考えたからです。

そこで思いついたのが引き出しに収納する方法。

人形は寝かしてあげた方が収まりがよく、靴も一足ずつ仕切りがあった方が気持ちがいい!

ということで、洋服、グッズ、人形別に引き出し収納することにしました。

 お気に入りの本だけでいい

そして、絵本。

たくさんあっても「読んで!」とお願いされる本はいつも決まっており、お気に入りの絵本だけあればよい!と割り切ることにしました。

(ちなみに子供たちは、さかいさちえさんの「ポコポコ」シリーズが大好きです。)

空間が出来たことで見た目もスッキリ、出し入れもしやすくなり、まずは成功です。

普段は扉を閉じて見えないおもちゃ箱や本棚ですが、片づくことでモヤモヤ感がなくなるのは爽快。これが片づけの醍醐味ですね。

今までで一番のおもちゃ収納改革。まずは成功です。

【 編集後記 】

本日は次女の幼稚園初登園。

仲良しの男の子と一緒に泣くこともなく教室に入り、まずまずのスタートです。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。