理想の時間配分

Pocket

  昨日は理想通り!

今年の1月から「Toggl」という時間管理アプリを使い始めてから5カ月弱。

このアプリは、例えば「食事準備(家事)」というタスクを入力してスタートボタンを押すと計測を始め、ストップボタンを押すだけで「食事準備(家事)」に何分かかったか計測できる簡単なもの。

iPhoneとパソコンのどちらでも使えるので、私は毎朝、前日のレポートをチェックして時間配分を確認するのが習慣になっています。

昨日は初めて理想の時間配分になっていました!パチパチパチ

私の理想の時間配分は次のとおり。

(タスクごとに「Projects」という分類が入れられるので、Projectsに次の7つの分類を設定しています。

例:「食事準備」のタスクは「家事」のProfectsに分類)

1 仕事・勉強    4:00

2 ブログ      1:10

3 家事       3:50

4 育児・家族    3:00

5 ルーティンワーク 3:00

6 プライベート   1:20

7 休憩時間     0:40

計      17:00

多少の誤差はありますが、なかなかこのような時間配分になることはなかったので、今朝は写真のレポートを見てひとり、ガッツポーズ。

 5つから7つの分類へ変更

ちなみにTogglを使い始めた当初は5つのProjects分類にしていたのですが、今は

「ルーティンワーク」と「休憩時間」の2つを追加して7つの分類にしています。

Projectsの中身のタスクは概ね次のとおり

1 仕事・勉強(紫)はそのまま、仕事や勉強のタスク。

2 ブログ(ピンク)は「ブログを書く」「ブログ写真準備」「ブログ修正」など

3 家事(青)は「食事準備」「食事片づけ」「洗濯」「掃除」「名前のない家事」など

4 育児・家族(黄色)は「長女対応」「次女対応」「幼稚園送迎」「子どもと遊ぶ」など

5 ルーティンワーク(赤)は「身支度」「食事」「お風呂タイム」

6 プライベート(黄緑)は「ノートを書く」「日記を書く」「体感リセット」「読書」など

7 休憩時間(緑)は「瞑想タイム」「ナッツタイム」「ビデオタイム」など

自分のルールが定着化し、時間の使い方のパターンも把握できたので、上記のような「理想の時間配分」を決め、毎朝、前日の時間配分と見比べて、時間の使い方の見直し。

Projectsごとに色分けされるので、「私は今ブログ(ピンク)の時間を使っているんだ」とイメージしやすく、Togglを使い始める前に比べ、無駄な時間を使うことが少なくなったと思います。

 「育児」の時間は希望に溢れている!

ちなみに私は子どもと遊ぶ、というのが正直苦手。

絵本を読んであげることは平気なのですが・・・

それも、次女がもう少し成長したら、

宿題の時間は子どもたちと一緒に私も一緒に勉強する

絵本を読んであげている時間は子どもと一緒に読書タイムにしよう!

など、「育児の時間」を「家族の時間+勉強の時間」へ変えることができるな・・・と考えてワクワクしています。

今は幼稚園の送迎に毎日2往復・50分前後費やしていますが、次女が小学生になったら、朝8時から仕事を始めることも可能なのですから、「育児」の時間は希望に溢れています!

ということで、今税理士開業を目指していらっしゃる方へ、子どもがいても自宅開業を楽しくできる、ということを実証するために、自分の時間を大切に、有意義に使いたいなと改めて思ったのでした。

【 編集後記 】

「休憩時間」の分類を増やしたのは、休憩が集中力を保つために大事な時間だと考えたから。

ミランダ・カーも「落ち着いた気持ちで毎日を楽しめるから」朝晩に20分ずつ瞑想するのが日課だとか・・・

美しさの秘訣はそんなところにもあるのですね。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。