チャレンジタッチに変更したわけ

Pocket

  最初は必要ないと考えていた

長女が0歳児の頃からベネッセのこどもちゃれんじを続けていました。

ベネッセのエデュトイ(エデュケーショナル・トイ、教材のおもちゃのこと)は凄いですね!

おしゃべりする絵本やその月齢に合った使いやすい工夫がされたおもちゃは、子どもたちも飽きずに遊んでいます。

赤ちゃんの頃は、第一子で何もわからない状態だったので、保護者向けの情報が充実しているのもありがたかったです。

難は、毎月届くので、おもちゃがどんどん増えていくこと・・・

ママが耐えられずに解約したという話もママ友からよく聞きます。

我が家の場合、長女がしまじろうを大好きで、「元は取った!」と思えるくらいに遊んでいたことと、私が教えることもなく平仮名の読み書きをマスターしてくれて役に立つと思ったので続けましたが、さすがに、次女のために新たに契約する気持ちにはなりません。

次女が使い古してほこりの付いたシールを絵本につけて・貼ってを繰り返し遊んでいる姿を見ると、「おフルでごめんね!」という気持ちになりますが・・・(本人が楽しそうだから、まあ良いか!)

小学生に進学するときに進研ゼミ小学講座に切り替わるときもそのまま継続することにしました。

コース選択は、『オリジナル』(紙に書いて問題を解く)と『チャレンジタッチ』(専用のタブレットで行うデジタル学習)の2つから選ぶことになっていたのですが、まだ、鉛筆で書くこともままならないのにタブレットを使うことに抵抗を覚え、『オリジナル』スタイルを選択しました。

 変更しようと思った理由

今の小学生は宿題も毎日あり、忙しいですね!

私が小学生の頃は、学校から帰って友達と遊んで、夜にはテレビも見て帰宅後の時間は長く感じていた気がするのですが・・・(宿題のことは全然覚えていません(笑))

1年生に入学してすぐに毎日5時限の授業を受けて、15時半過ぎに帰宅して宿題。

国語の教科書の音読、ひらがな・漢字の書き取り練習、算数ドリル、計算カードなど毎日30分近くを費やし、親が丸付けをします。

その上、長女がお友達の家に遊びに行ったときに公文の問題を見せてもらって興味を持ったことから「公文をやりたい!」と言い出し、週2回の算数の公文も始めていました。

公文は家での宿題プリントもありますので、公文をやって、進研ゼミの問題まで解く、となると、家でもお勉強ばかり。

宿題、進研ゼミの答え合わせは親がしなければならないので、子どもに「もう、やったの?」と催促するのも結構負担です。

1年生でそこまでしなくても・・・という気持ちになり、「チャレンジ(進研ゼミのこと)やめる?」と聞くと、「お勉強大好きだから、やめたくない」と本人が言うのでそのまま続けることにしました。

しかし、ある日進研ゼミの答え合わせを私がしていたところ、長女には珍しく3問も続けて間違えていたので、「ここ間違ってるよ。」と指摘すると、長女が急に泣き叫んでヒステリー状態に‼

今までに見たことのない泣き方だったので、私の方が驚いてしまいました。

このことをきっかけに、『チャレンジタッチ』に変更しようか?という考えが浮かびました。

学校の宿題でひらがな、漢字の練習は毎日やっているし、公文でも紙に書くやり方なのだから、タブレットで勉強するというスタイルがあっても問題ないのではないか?

デジタル学習なら、間違ってもすぐに「あれ?本当かな?」とキャラクターが指摘して正しい解答へ導いてくれるので、親が採点して指摘するより子どもには受け容れやすいのではないか。

何より、ゲーム感覚で勉強するのは子供にとって楽しいかもしれない。

ということを考え、早速次の日にベネッセの相談電話にかけました。

対応してくれた方に長女のヒステリーの話をすると、よく頑張っている優等生タイプの子供にはよくあることのようです。

電話したのが7月だったので7月25日から配信される8月号からチャレンジタッチに変更することに決め、切りよく、夏休みからタブレット学習を始めることにしました。

 結果、変更して正解でした

私が思った以上にチャレンジタッチに変更したことは嬉しかったようで、長女は今でも楽しんで自ら勉強しています。

イマドキッ子なので、タブレットの操作も勝手に覚えていき、私が教えることは全然ありません(笑)

親のパソコンに子供の「取り組み連絡」のメールが届くので、ちゃんとやっているんだなということも分かります。

それとは別に「ハトさんメール」という子どもから送られてくるメールもあり、子どもとメールのやり取りをするのもなかなか楽しいです。

次女にも小学生に上がったら進研ゼミをさせようかな?

最近知り合った小さなお子さんをお持ちのママたちがベネッセのことを知らない、と言っていたので、私にとってはおすすめな子どもの勉強事情など書いてみました。

「チャレンジタッチに変更した結果」も書いてみましたので、よかったらご覧ください。

【 編集後記 】

今日のスマートノートのお題は「子育てにイライラを感じる」ことについて、「なぜ?」「どうしたらいい?」を書いていきました。

結論、「ありの~ままの~子どもを受け入れるのよ~♪」(アナ雪「ありのままで」)を心の中で歌い続ける!です(笑)

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。